テニス歴1年です。サーブの打ち方の基本がわかりません。

366 viewsサーブ
0

テニス歴1年です。サーブの打ち方の基本がわかりません。スクールに通っていますが、基本をあまり教えてくれません。自分の打ち方があっているのか不明です。

0

サーブの基本はグリップです。包丁を持つのと同じコンチネンタルグリップで握っていますでしょうか。

コンチネンタルグリップの握り方としては、体の正面にラケットを立て、親指と人差し指からなるVの字をフェイスフレームにあてがって、そのままグリップまで下ろしてくるようにしてください。

 

ただ、はじめてコンチネンタルグリップで打つとボールは左に逸れてしまうことがあります。こうなる原因は、スイングの前に、体を正面に向けてしまうからです。この場合は、体の開きを抑えるのがポイントになりますので、体の横向きの姿勢を保ったままインパクトするようにしてください。ボレーやスライスは体の横向きを保って打ちますが、それと同じ要領です。また、インパクトで左手を胸に抱えれば、体の横向きを維持できますし、軸も保つことができます。

次に、スタンスに気をつけましょう。初心者にオススメは、肩幅程度のスタンスです。バランスが良く、両脚の筋力を動員しやすくなります。ボールの方向性は、右足と左足を結ぶつま先の延長線上に、打ちたい方向を定めるようにします。そうすれば、打球方向へ向かって体を運べる自然な体重移動ができるようになります。

また、トスの時、ボールの持ち方は握るのではなく置くようにセットしてください。ボールは、手のひらと指の境目に置くようにします。手首や肘を使うとトスが乱れる原因になります。正確にあげるには、肩を支点にトスするのがポイントです。

最後に、トロフィーポーズでラケット面の向きをチェックしましょう。右脇を大きく開けてラケットセットしてください。大きなキャンディボールを右脇に収められる程度のスペースを確保するのがコツです。
また、トロフィーポーズでラケット面が上を向くのは厚い握りの証拠です。薄く握ればラケット面は伏せ気味になります。

以上の点に気をつけながら練習すればサーブのレベルはグンとアップします。